防音サイトぴあリビング店長の日記


by pialiving
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

2010年 02月 24日 ( 1 )



みなさんこんにちは^^

防音専門サイト「ぴあリビング」のぴあ店長こと室水です(*^_^*)


今日はお客様から大変問い合わせの多いピアノ室の防音ということで
お話しましょう~~


◆ピアノの音の伝わり方

・ピアノの鍵盤を打鍵する時に弦が振動してその振動が
こまを通じて響板に伝わり、主に響板から放射された音が
空気を伝わって空気音として伝わる

・弦や響板のペダルの振動がピアノの躯体からキャスタを経由して
床に伝わり固体音(振動)といて伝搬する


この2種類の音が響いてしまいます。

つまり~~~

声などのように空気を伝わる音

そして物を通じて振動が響く音


この両方の対策が実は必要となります。

それにピアノの音はフォルテシモで弾いたとしても
響板近くではなんと110dBA
1m離れた場所でも、100dBAに達してしまうほど響いてしまうんです。


そのため本来はピアノの施工では
最低でも上下階と隣に対して対策をする場合
D70~D80ほどの防音をしなくてはいけません。


そのため実際マンションでいつでも気持ちよく弾きたいというのは
不可能に近い状態になります。

実際には音源をすべて囲む形での対策をしようとする場合は
やはり小部屋を作るのが一番早いのです。。


ただ・・・賃貸のマンションとかで実際に防音ルームというのは
簡単ではありません。

ただ環境的に一階に暮らしているので下は気にしなくていいとか
近隣の方をよく知っているので、少し音を軽減するだけでもいいとか
言うくらいの対策なら
もちろん自分でも可能ですし

また最低のマナーとして防音カーテンや防音マット
できれば壁などにも対策をするのが理想かな~と
思います^^


ちなみにぴあリビングでは多数の
遮光・防音カーテンを揃えています

防音カーテン

中でも人気が高いコーズはもちろん国産、そして遮音・遮光、
さらに防音性をたかめるため3重構造になっています。
(裏にコーティングタイプは多いけど3重構造はあまりないですね^^)

・コーズ

さらにスタジオなどで使用されるほどの
プロの防音カーテン(4重構造)もあります^^

・サウンドガード


床への振動は

通常の防音カーペットでは防げない振動まで
軽減しちゃう特殊3重構造の

防音カーペットがおすすめです^^

ぴあリビングおすすめ振動を防ぐカーペット

なんと防音フローリングより防音性が高く、敷くだけで
防音床ができちゃいます。

しかも高級な繊維を使用しており、ホテル仕様になっています。


あと・・どうしても横への音が気になる場合は
簡単に防音壁ができちゃう。。

・ワンタッチ防音壁
こちらがおすすめです^^

この遮音性は動画で実際に実験しています^^
http://pialiving.exblog.jp/i6/

遮音と吸音+遮音の違いをごらんください^^

このページの下にあります^^


またピアノの防音対策は明日パート2でご紹介しま~~す^^
[PR]
by pialiving | 2010-02-24 03:42 | 防音に関して